喜びの声


喜びの声(おゆうぎ会・運動会)


おゆうぎ会・運動会に際して、参観された保護者の皆さまに感想「喜びの声」を募集しましたところ、多数の声が寄せられました。一部を紹介させていただきます。

 お遊戯会


年少組
コロナ禍で大変な中、それぞれの曲のダンスを考えて教えた先生は、とてもすごいです!個々のモチベーションの上げ方も熟知しているので、当日は自分の子を含め、クラスのみんながすごくニコニコしていて観ていてとても感動しました。また例年と違い、分散したので席取りの忙しさもなく、始終穏やかな発表会だったと思います。コロナが終わっても、ぜひ分散した形での発表が続くことを願います。当日、小雨が降る中で、先生が一定の距離を作ってスムーズに列に並べるよう案内していたのも良かったです。先生方がコロナ対策もしつつ、発表会が出来るように色々と準備した様子がうかがえました。とても素敵な発表会をありがとうございました。

はじめてのお遊戯会で、本人もとても楽しみにしていました。「はちさんのかっこうするんだよ!」と息子から聞いていたので、当日とても楽しみにしていました。幕が開くと本当にみんなかわいくて! 沢山のご指導ありがとうございました。

お遊戯会が中止になってしまう園もある中、先生方が色々と対策を考え、開催して下さったんだなあと本当に感謝の気持ちでいっぱいです。衣装や小物も例年よりさらに可愛くてビックリしました!忙しい中、先生が準備して下さったんだなあとジーンときてしまいました。子供達は、どの子もとっても上手に踊っていて、一生懸命練習をしたのが伝わってきました。最後のグループの子達のメッセージもとっても感動してウルウルしてしまいました。とっても素敵なお遊戯会でした!!DVDでまた何回も見たいと思います。ありがとうございました。

初めてのお遊戯会、親子共にとても楽しみにしていました。幼稚園に行く前や、降園後、寝る前まで、自分の踊る曲を練習し迎えた本番。ステージ上で、お友達と笑顔で踊っている息子を見て胸が熱くなりました。昨年のプレスクールの時は「行きたくない!」と泣き、一人だけ椅子にじっと座っていられず、お友達ともうまく遊べなくて「ちゃんと幼稚園に通えるのかな・・・」と悩んでいた頃からすごく成長を感じ、涙をこらえるのに必死でした。息子をここまで成長させてくださった先生に感謝の気持ちでいっぱいです。踊りの振り付けやご指導、可愛い衣装をありがとうございました。私にとっても息子にとっても大切な思い出になったお遊戯会でした。ありがとうございました!


年中組
素晴らしいお遊戯会をありがとうございました。誰も経験した事のないコロナの中、今やっている事が正しいのかさえ判断に困るような状況が続いていると思います。テレビをつければ心配になるニュースが続き、見えない敵との戦いで今日を元気に過ごすことで精一杯でした。今までのように気軽にタッチをしたり、抱き合ったりふれあう事が、お友達同士でも難しいと思いますが、お遊戯会を通して、心と心がふれあう瞬間を感じられたと思います。誰かと何かを作り上げる喜びを感じ、できる事をしっかりと向き合いながら前を向いて頑張る姿に私も元気をもらいました。先生方も不安になる状況が続くことと思いますが、子どもたちの成長のために全力をつくしてくださり、本当にありがとうございました。

お遊戯会、元気に参加することが出来て、本当に良かったです。きく組さんの時も先生に褒められたと喜んでいて、最後の本番も、家での練習と違い、力一杯、本当に全力で踊っていました。ブザー音の時から涙が出そうでした。私達を探すことなく一生懸命一つ一つ丁寧に踊る姿に感動しました。帰ってから、どうだったか聞くと「疲れたー。練習思い出してやったよ!」と話してくれました。お遊戯が終わってクラスへ戻った時、「ただいまー!」と言っている声が聞こえました。今までみんなで本当に頑張ってきたのだろうと、お友達の振りも覚えるほど練習してきて、やりきった充実感でいっぱいなのだろうと思い、とても暖かい気持ちになりました。先生方、本当にありがとうございました。

今年度は休園からスタートし、いくつかいの行事は中止となりましたが、今回のお遊戯会や運動会を開催して頂けたこと、先生方にはとても感謝しています。ありがとうございました。きっと、開催するにあたってたくさんの話し合いをしたり、感染防止のため、様々な工夫をされてこられたことと思います。近隣の幼稚園や小学校では、運動会やお遊戯会を早々に中止したり、観客なしで行ったなどの話を耳にしますが、この年代の子供たちにとっては、自分の頑張っている姿を親に見てもらうことこそが喜びであり、力を発揮し、成長できると思うので、そのような機会が設けられ、とても良かったと思います。舞台に立っている子供たちは、皆、目がキラキラと輝いていて、全身を使って一生懸命表現しようとし、指の先まで意識して踊っていて、その一生懸命さに引き込まれました。本番はもちろん、練習の時からとても楽しかったようです。

まず最初に、このコロナ渦の状況で、感染者数が日々増加している中、お遊戯会等中止にしている園もあると聞きましたが、感染対策を取って頂きながら、いろいろと工夫をして開催をして下さった事、先生方に感謝の気持ちでいっぱいです。素晴らしいお遊戯会を開催していただき、本当にありがとうございました。子ども達、一人一人が自分の踊りたい曲を選び、希望通りの曲でなかったお友達もいるかと思いますが、先生に教えてもらった振り付けを覚え、一生懸命踊っている姿にとても感動し、胸がいっぱいになりました。暗い気持ちになりがちな1年でしたが、そんな事を忘れてしまうほど、先生方、子ども達全員から元気をいただきました。衣装も、どのグループも素敵で、用意していただいた事にも感謝です。例年とは違う形で大変なこともあったかと思いますが、当日はもちろん、日々教えて下さった先生、練習に励んだ子ども達に感動しました。本当にありがとうございました。


年長組
幼稚園最後のお遊戯会で、本人もとても真剣に練習していました。毎日毎日、嵐の曲を聴き、「この時はこうして、ここでこうするんだよ!」と一連の流れを説明してくれました。当日は、練習していた成果もあり、本人は満足して結果が出せたと言っていました。(私が1番前の席で観ていたからなのか、恥ずかしそうに、又、緊張していたように見えました。)最後のお遊戯会なんだと思うと、涙が止まりませんでした。年少、年中さんから比べると、やはり年長さん。みんなすごく成長したなと感動しました。先生方は、ご指導大変だったと思います。こんなご時世でもお遊戯会をやってくださり感謝しかありません。本当にありがとうございました。

お遊戯会、お疲れ様でした。年少、中、長とそれぞれ感動はありましたが、今回が一番感動ものでした。我が子のみならず、全ての子に感動しました。全員成長が感じられ、一人一人の余裕も感じられました。先生方がとても熱心にお遊戯会に対してがんばってくださっているのも伝わりました。これで最後だと思うと本当に寂しい限りです。コロナ禍で、幼稚園のイベントも大変だとは思いますが、少人数になっても、みんなで見に行けなくても、何かしらの形で残りのイベントも行っていただけると本当に嬉しいです。ありがとうございました。

幼稚園最後のお遊戯会が終わってしまいました。年少の時の、あの可愛らしいダンスを踊っている姿が、ついこの間のように目に浮かびます。あの時も、とても楽しそうに踊っていましたが、年長になっても恥ずかしがることなく元気いっぱい楽しく踊っている姿を見ることが出来て、とても嬉しく思いました。難易度はかなり上がっているのに、皆の息もぴったりで、たくさんがんばって練習してきたんだなと思うと、感動もひとしおでした。昨年度末から今年度始めにかけて休園になったり、様々な行事が中止になったりする中で、年長らしい経験は減ってしまいましたが、先生達が工夫を凝らして子供たちの成長のために力を尽くして、このような素晴らしいお遊戯会を開催して下さったこと、心から感謝しています。子供たちの一生懸命な姿に胸があつくなりました。本当にありがとうございました。

毎日、幼稚園から帰ってくると「今日はホールで練習したよ!」とか「今日は衣装を着て踊ったよ!」など嬉しそうに話をしてくれました。発表の前日、「間違えたらどうしよう」と少し緊張した様子だったので、「間違えてもいいから楽しんでやっておいで!」と送り出しました。当日、幕が開いて、緊張した表情でしたが、始めから終わりまで一生懸命、かっこよく踊る姿を見て、感動して涙が出ました。子どもたちみんな、目が輝いていて、生き生きと踊っている姿に成長を感じました!コロナ禍で色々と制限がある中、先生方も大変だったと思います。ありがとうございました。



 運動会


ことり組(3才児)
運動会、本当にお疲れ様でした。暑い一日でしたが、運動会に向けて、一生懸命頑張ってきた子供達の姿を見る事が出来て、本当に良かったです。年少の先生方が、子供達を並ばせ「こっちだよー」と声を掛けながら移動を教えて下さっている姿を見かけた事があったので、本番、先生やお友達と楽しそうに皆で"あひるサンバ"を踊っている姿に感動しました。今までは、若草卒園のお兄ちゃんのメダルを首にかけて喜んでいましたが、今年、自分のメダルを首にかけていただき大喜びでした。「良く頑張ったね。」と家族皆から声をかけてもらい、嬉しそうに「ありがとう。楽しかった。」と言った子供のとても成長した姿にも感動しました。本当にありがとうございます。幼稚園に用事があり、行かせていただいた時、年長さんがリレーの練習をしていました。鈴木先生が「走るのが速いことより、きちんと座ってお友達を応援してあげる事の方が大切なんだよ。」と子供達に伝えていらっしゃいました。本番、年長さんのリレーで、走る前もしっかり座って、走り終わった後も座ってお友達を応援している年長さんの姿は本当に素晴らしいなあと思いました。とても大切な事を運動会を通して教えていただいているのだなあと思いました。先生方に感謝の気持ちでいっぱいです。本当にありがとうございます。

ことり組(3才児)
去年のプレスクールとして参加した運動会では、ほとんどお遊戯を拒否してやらずに「無」だった子が、今年の運動会ではちゃんと出来るのかと不安でいっぱいでした。当日、行進を元気いっぱいに手をふり歩く姿、園歌などを身体いっぱいに使って大声で歌う姿、歌いながら準備体操をする姿、振りのカウントごとの動きを声に出しながらかわいくお遊戯を踊っている姿に、この数カ月の成長ぶりが見れてとても感激しました。その他にも、泣きながらもがんばっているお友達に「○○ちゃん、がんばれ~」と年少ながらに応援し、励ます姿にも成長を感じ、キュンとしてしまいました。一生懸命がんばった後にもらったメダルがすごくうれしかったようで、来年はもっともっとがんばると今から張り切っています。子供の成長をたくさん見させて頂き、クラスの人数も多くてとても大変だと思いますが、とても素晴らしい運動会だったと思います。先生方、本当に本当にお疲れ様でした。祖父母も喜んでいました。ありがとうございました。


りす組(3才児)
毎日のように、あひるサンバを踊ってくれるので、いつの間にか一緒に踊れるようになりました。「かかとはこうだよ」と細かい所まで指導してくれ、楽しそうに練習する様子に癒されました。本番で踊る時間はあっという間でしたが、完成するまでの積み重ねた時間が運動会の楽しさなんだと思います。運動会から帰宅後、「もう1回運動会やりたい」と一言。その言葉が息子の気持ちを表していました。来年も楽しみです。ありがとうございました。

りす組(3才児)
初めての運動会で、並んで入場してくる所から涙が出そうになりました。家であひるサンバを練習していて、あやふやで分からない様子でしたが、本番では全体をちゃんと見る事が出来て感心したのも、小さい子供ながらの楽しみだったと思います。当日は、自分の子と撮影で夢中でしたが、家でビデオを見直しすると、先生方が一生懸命に踊ったり、体操の補助をしてくださっている事がわかり、また一層感動しました。こんなに楽しい運動会に参加出来たのも、先生方の日々のおかげだと大変感謝しております!


ばら組(4才児)
昨年の運動会よりひとまわり成長した姿を実感した1日でした。運動会練習が始まってから少しずつ様子を話してくれてはいましたが、9月に入ってからは毎日運動会を心待ちにしている発言が多くなりました。「かけっことパラバルーンを観て欲しい」と自分が頑張ってきた成果も披露したかったようです。今年は天気に恵まれることが少ない中、子供達への指導、準備等と先生方は大変だったと思います。子供達の大きな成長を行事の度に感じ、先生方のご苦労とご支援のおかげだと感謝しています。ありがとうございました。これからの成長もとても楽しみです。役員の方々、園児係を引き受けて下さった方々もお疲れ様でした。

ばら組(4才児)
お忙しい中、準備をして下さった先生方や役員の方、また園児係の方、大変お疲れ様でした。そしてありがとうございました。お遊戯では、子供達一人一人の表情が生き生きしている姿が印象的でした。みんな一生懸命頑張っていてとても感動しました。普段の保育に加え、天候にも配慮されながら限られた時間の中で、子供達に指導して下さった次原先生をはじめ、先生方のおかげです。特にパラバルーンは大変だったと思います。先生方、本当に感謝しています。ありがとうございました。来年の運動会もとても楽しみにしています。


きく組(4才児)
昨年の初めての運動会は、ただボーっと立っている姿しか見ることが出来なかったのですが、今年は我が子の成長を感じる運動会でした。気合いの入り方が違い何事にも一生懸命に取り組んでいる姿を見ることができ、嬉しく思いました。かけっこでは、昨年は競争心が全くなく、ビリでしたが、今年は「手をピンとしてよく振らないと速く走れないんだよ!」などと言って、本番では真剣な顔をして手先をピンととがらせて走っている姿がたくましく見え、1番でゴールした時は、家族皆でびっくりしました。お遊戯も、皆とってもかわいく、楽しそうにリズムをとって踊っていました。パラバルーンは、直前まで「今日もうまく膨らまなかった。」と言っていたので大丈夫かなと心配していましたが、一生懸命に練習を頑張った成果が本番に出せて、きれいに膨らんで本当に素晴らしく感動しました。暑い中、子供達の体調に気を使いながら素晴らしい運動会をありがとうございました。

きく組(4才児)
若草に転園してからの初めての運動会でした。去年は担任の先生に預けて行くだけで泣いていましたが、今年はテントまで「一人で行く!」と言うほどたくましく成長を感じる事が出来ました。バルーンで集団行動をしたり、他の組の子の演技(競技)をじっと座って見ている事だけでも立派な事だと思います。去年は、かけっこでビリでも悔しがる事もなく、ひょうひょうとしていましたが、今年は悔しくてうつむく姿も見ることが出来ました。悔しさからまた頑張る力を身につけてくれたら嬉しく思います。来年は年長組として、下の組のお手本となるような行動をしてくれたら嬉しいです。


ふじ組(5才児)
毎日のご指導、ありがとうございます。お天気が悪い日が続き、練習できているのかなと心配していましたが、さすが年長さん!とてもよい運動会でした。中でも、鼓舞太鼓は、年長さんらしいキリリとした表情で、きびきびと踊っていて、とても成長を感じました。年少さんのあひるサンバの後だったので、よけいにそう思いました。2年でここまで出来るようになるんですね。ありがとうございました。年長さんも残り半年、どうぞよろしくお願いします。

ふじ組(5才児)
息子にとって最後の運動会であり、本人も練習に気合いが入っていたようです。メロディオン、鼓舞太鼓、リレー、組体操と、どれも一生懸命に取り組んでいました。閉会のことばの担当にもなっており、堂々とした姿には自宅では見ることの出来ない成長した息子の立派な様子が見られてうれしかったです。当日、暑くて少々つらかったのですが、元気に最後までがんばれました。ご指導ありがとうございました。


さくら組(5才児)
運動会の練習が始まってから、帰宅後、ぐずり気味になる日が多く、暑い中での練習で疲れているのかなと感じていました。その反面、毎日の様に家で鼓舞太鼓を披露したり、先生にほめられた事を得意気に話したりと、とても楽しんでいる様子もうかがえました。お友達と遊んでいると組立体操をやり始めたりする事もありました。「幼稚園最後の運動会だからがんばる!!」と何度も言っていました。本番の演技を見てまず最初に思った事は「どれだけ繰り返し練習したんだろう!!すごい!!」という事でした。まだまだ小さいと思っている子供達に、こんな力が秘められているなんて、想像以上でただただ感心して見ていました。先生方も根気よく指導して下さったのだろうなと感じ、普段、我が子相手にちょっとした事でイライラしてしまう自分と比べ、先生方の偉大さも感じた運動会でした。リレーがとても白熱しました!!

さくら組(5才児)
幼稚園生活最後の運動会。2学期に入り、悪天候の日が多く、当日も雨マーク。天気が気になり親子とも早朝に目が覚めてしまいソワソワ。翌日に延期になり、ホッとしたというのが正直なところです。気を取り直して日曜の本番。3年目にして初めて好天の運動会に、息子もワクワクしている様子でした。2年前、朝の引き渡しの時点から泣いて泣いて・・・入場行進ではお友達と手をつなぐことも拒否していた息子が、今日はプラカードを持って年少さんを先導している・・・ああ、この2年で成長したんだなと思いました。緊張したぎこちない動きがとても彼らしく、親バカながら、愛おしさがこみ上げてきました。また組体操では、土台でお友達を支えながら、しっかりと前を見据える姿に頼もしさを感じました。年長さんの競技はどれも迫力があり、感動の連続。一緒に過ごしてきたお友達の成長もそれぞれ感じられ、笑い泣きの素晴らしい運動会でした。短い準備期間の中で、ここまで立派に作り上げられたのは先生方のご指導の賜物です。本当にありがとうございました。