株TOP投資日記 > 2018年3月12日-3月16日
最新の日記 1つ戻る


株は休んでゆらりと京都日記



2018年3月16日(Fri)


本日の持ち株(富士電機7株)は-70円(-1.30%)でした。

さて、3日前にとてもおいしい鰆のアラが出た魚屋さんでは、昨日も本鮪(大分産、養殖)の切り落とし230gが380円+税で出ていました。この鮪はお造り用だと同じ量が2,530円+税ですから、切り落としになった途端85%引きの激安ということになります。にもかかわらず、なぜか遅い時間に行ってもけっこう買えます。ちなみにこの日の我が家にはちょうど、滋賀県近江八幡産の「安土信長葱」と称する太くて甘み多めの白葱がありました。で、この葱と今回の本鮪を煮たら、大変おいしい葱鮪鍋になりました。



それにしても、あの魚屋さんで本鮪の切り落としが出たとき、なんで誰もそれをすぐには買わないんでしょう?この切り落としで葱鮪鍋を作って味がハズレたことは今まで一度もないので、私なら見つけ次第、その日の献立を変更してでも買ってくることにしているくらいですが。生姜焼きにしてもおいしいですよ。でも、もしかしたら、そういう煮たり焼いたりの手間がかるから敬遠されているんでしょうか?

なお、昨日は食後のコーヒーのお供にするデザートも3日前に倣って、カップケーキ屋さんの「オペラ」(210円+税)にしました。そしてその味は上等なケーキ屋さんを100点とすると86点くらいで、ふだんのデザートにはむしろちょうどいいくらいでした。これ、また買います。



◆本日の終値: [225先物=21,440(-200)]
銘柄 株数 建値 終値 含み損益
富士電機 [S株] 7株 78円 769円(-10円) +4,780円

本日の取引: ありません。


2018年3月15日(Thu)


本日の持ち株(富士電機7株)は-28円(-0.53%)でした。

さて、京都はおとといから昼間の気温が20度を超え、一気に春じゃなく初夏でも目指すのかという暖かさになってきました。そこで午後はまた御所の散歩に出掛けたところ、今日は満開の梅の色と他の木々の緑のコントラストがとてもきれいでした。今回の梅の写真はこちらに7点UPしてあります。



また、今日は御所の北側(今出川門から入って右)にあるいちばん早咲きのしだれ桜のうち、1本がかなりピンクに色付いていました。で、もっと近寄って見たら、そのてっぺんのほうではすでに開花が始まっていました。これは例年よりちょっと早い感じです。また、御所の南側にある早咲きのしだれ桜も、よーく見ると2つか3つくらいですが花が咲いていました。なお、下の桜の拡大画像はこちらでご覧いただけます。



◆本日の終値: [225先物=21,640(+30)]
銘柄 株数 建値 終値 含み損益
富士電機 [S株] 7株 78円 779円(-4円) +4,850円

本日の取引: ありません。


2018年3月14日(Wed)


本日の持ち株(富士電機7株)は-28円(-0.53%)でした。

さて、昨日と今日の京都では花粉の飛散量がかなり多いもようで、私もそれなりに目が痒くなったり鼻水が出たりしています。しかし、若い頃に比べたら今の症状はかなり軽微で、今年はまだ一度も花粉症の薬を服用していません。しかもその薬はだいぶ前から使っても年に2回か3回程度なので、まだ半分以上も残っているのにもう期限切れとなっています。

なお、私は過去に花粉症の治療を受けたことはありません。よって、かつてほど花粉症がきつくないのは、単なる自然治癒か何かだと思っています。で、念のためネットで検索してみたところ、花粉症が自然に完治する確率は数%くらいならあるのだとか。私の場合は7分か8分治ったという感じですから、これなら確率としては10%〜20%くらいといったところでしょうか?

余談ですが、花粉症が「完治」ではなく少しだけ残っているということには、個人的にちょっと気に入ってるとこともあります。というのも、「花粉症の人は他の病気にかかりにくい」という報告(元ネタはこれ)があるので。群馬県で行われたある調査によると、「花粉症があるとガンで死亡する危険率は52%減少する」とのことです。さらに, 「ガンだけでなく、全体的な死亡リスクも43%減少している」のだとか。確かにアレルギーというのは普通より免疫力が強いということなんですから、他の病気にはなりにくいでしょうね。

◆本日の終値: [225先物=21,610(-190)]
銘柄 株数 建値 終値 含み損益
富士電機 [S株] 7株 78円 783円(-4円) +4,878円

本日の取引: ありません。


2018年3月13日(Tue)


本日の持ち株(富士電機7株)は+14円(+0.26%)でした。

さて、今日はある魚屋さんの店頭を覗いたら、駿河産の桜海老が出ていました。梅の開花は遅かったけれど、春はちゃんと近づいていたのですね。というわけで、今晩は桜海老とお揚げの炊き込みご飯を作りました。



また、今日の魚屋さんでは鳥取産の鰆のアラも出ていました。これ、アラと称してはいますが、実際にはちょっと骨の多い切り身という感じです。にもかかわらず切り身の半額以下なので、かなりお得感があります。で、こちらのほうは1切れをまず塩焼きにしたところ、脂が乗ってて期待通りのおいしさでした。あとの2切れは今晩味噌漬けにしておき、明日の夕食のとき焼いて食べるつもりです。



それと、今日はコンビニスイーツみたいなモンブラン(1個210円+税)を見つけて試しに買ってみたところ、B級の雰囲気を醸し出しながらも、そこそこちゃんとしたケーキの味がしていました。昨年夏に岡山駅で買ったシャインマスカットのカップケーキを思い起こさせるノリの味です。このモンブラン、今後も時々オヤツに買ってみようと思います。



◆本日の終値: [225先物=21,800(+80)]
銘柄 株数 建値 終値 含み損益
富士電機 [S株] 7株 78円 787円(+2円) +4,906円

本日の取引: ありません。


2018年3月12日(Mon)


本日の持ち株(富士電機7株)は+35円(+0.65%)でした。

さて、おとといは2週間ぶりでまた御所の梅を見てきました。開花のペースは引き続き遅く、まだまだつぼみがけっこうありましたけど。今回の写真はこちらに10点UPしてあります。地味な写真が多数ですが。



それと、この日は四条河原町に昨年夏開店した「もりもり寿司」(本店は金沢市)にも行ってきました。同店は「回転寿司なのに回転しない寿司よりおいしい」と言えるところが気に入ってます。料金は2人で寿司12皿(計27貫)、あら汁2杯、デザート1つを食べて約5千円でした。これは普通の回転寿司に比べたら高いけれど、観光物価が高騰している京都でこれだけ美味しい夕食がこの値段なら、むしろかなり良心的と思えます。本当によい店が進出してくれました。そういえば、今年春には京都駅の近くにこれまた金沢の「まいもん寿司」が店を開くとのこと。これも大歓迎です。




余談ですが、おとといの四条界隈は外国人観光客がとても多かったのに、「もりもり寿司四条店」で食べているのは日本人ばかりでした。が、その隣りのうなぎ店(セット物は2人で1万円ちょっとの店)に並んでいるのは外国人客ばかり・・・。この対比はけっこう面白かったです。もっとも、金沢に行ったときは「もりもり寿司」にも外国人客がたくさんでしたけど。

◆本日の終値: [225先物=21,720(+370)]
銘柄 株数 建値 終値 含み損益
富士電機 [S株] 7株 78円 785円(+5円) +4,892円

本日の取引: ありません。


前週の日記へ [前週の日記]



最新の日記 1つ戻る