株TOP投資日記 > 2018年2月5日-2月9日
最新の日記 1つ戻る


株は休んでゆらりと京都日記



2018年2月9日(Fri)


本日の持ち株(富士電機7株)は-196円(-3.50%)でした。とうとう買値の10倍を割っています。

さて、今日は湯の花温泉(京都府亀岡市)の「翠泉」という宿に来ています。ここは以前から料理がおいしそうということで気になっていた宿です。で、チェックイするとまずは大浴場に入り、その次は貸切の露天風呂へ。この露天風呂は、雨天時の入浴用の編み傘や湯上り用のアイスキャンディーなどのあるところがちょっとご愛嬌です。なお、部屋や夕食の感想は京都に帰ってからゆっくりまとめ、来週の日記にでも書きます。




◆本日の終値: [225先物=21,360(-580)]
銘柄 株数 建値 終値 含み損益
富士電機 [S株] 7株 78円 779円(-28円) +4,850円

本日の取引: ありません。


2018年2月8日(Thu)


本日の持ち株(富士電機7株)は+14円(+0.24%)でした。

さて、先日は電器店で掃除機のコーナーを眺めたことろ、日立のコードレス機のデザインが変わっていました。本体の構造は前とほぼ同じなのですが、柄の部分はハッキリ違います。そして、これは私にとって朗報です。



ちなみに旧モデルの最大の弱点は、樹脂製の取っ手と柄の接続部がひび割れしたり折れたりしやすいということでした。口コミでも、買ってすぐに折れたという声はけっこうあるし、我が家でも保証期間満了の直後、そこにヒビが入って修理に出しました。で、その柄が傷みやすかった原因は、取っ手の部分が収納の時コンパクトに折りたためるようにと180度回転する設計になっていたことでした。が、今回の新モデルではその余計な気遣いが廃されて、取っ手が折りたためなくなっています。で、実際に展示品を触ってみたところ、確かに今度は柄が折れる心配はなさそうでした。これなら、次回コードレス掃除機を買い換える時も日立の後継機でOKです。



余談ですが、掃除機にコードがないというのは、本当にラクです。吸引力は決して強くありませんが、掃除が全然面倒に思えなくなる(それどどころか、楽しくさえある)という利点が、その弱点を大いに上回っています。しかも日立のコードレス機は手を離しても立てておけるようになっていて、これも実際の掃除のときはとても便利です。充電池の寿命も、思っていたより良好でした。今ある旧モデルは、使い始めてから2年でまだ新品のときとほぼ同じく30分くらい電池がもっています。

◆本日の終値: [225先物=21,940(+330)]
銘柄 株数 建値 終値 含み損益
富士電機 [S株] 7株 78円 807円(+2円) +5,046円

本日の取引: ありません。


2018年2月7日(Wed)


本日の持ち株(富士電機10株)は+77円(+1.40%)でした。

さて、今日はクラブツーリズムのサイトで2018年度上期の「にっぽん丸」の空き状況を調べたところ、JTBではすでにキャンセル待ちになっていたコースのいくつかに空きが残っていました。例えば5月の「名古屋発着・四国周遊クルーズ(エンターテイナーはイルカさん)」の場合、JTBでは全カテゴリーがすでに満室ですが、クラブツーリズムならスタンダードステートに1室、コンフォートステートにも数室の空きがまだありました。これでしたら、もし今の観光ブームがパワーアップして「にっぽん丸」の予約がさらに困難になっても、そうそう困ることはないかも知れませんね。ただし、予約が最も取りにくい8月の「熊野大花火クルーズ」となると、さすがのクラブツーリズムでもすでに完売でしたが。

◆本日の終値: [225先物=21,610(+100)]
銘柄 株数 建値 終値 含み損益
富士電機 [S株] 7株 78円 805円(+11円) +5,032円

本日の取引: ありません。


2018年2月6日(Tue)


本日の持ち株(富士電機10株)は-684円(-8.05%)でした。また、今日は富士電機が買値の10倍で売れるうちに、3株だけ売却しておきました。

さて、先月後半のことなんですが、あるスーパーの特売コーナーに下の画像のバター(150g入り、賞味期限はあと2ヶ月)が1箱214円で山積みになっていました。昨年や一昨年の今頃バター不足のニュースがよく出ていたのとは、ずいぶん対照的なことですね。とりあえず試しに1箱買って帰りましたけど。で、帰宅後にちょっとネット検索してみたら、このバターは昨年春に新発売された新製品で、中高年向けに50%の減塩をしているところがセールスポイントとのこと。健康にはいいけど味がダメで大量に売れ残ったのでしょうか?定価は356円で、通常のバターとほぼ同じでした。



で、さっそく味見をしてみたところ、味はノープロブレムどころか、ちゃんとおいしいバターでした。しかも塩が半分なら、ケーキ作りにもいいですね。そこで後日またかのスーパーの特売コーナーを見たら、このバターの数は前回よりも増えているではありませんか!いったい何箱の在庫があるんでしょう?せっかくなので、さらに7箱買い足してきましたけど。

それにしても、このバターはなぜすぐに売り切れなかったのでしょう?賞味期限が近い件は、小口に切って冷凍しとけば解決するはずですが・・・。安すぎるところが警戒を招いたのでしょうか?

ちなみにこのスーパーでは、ほかにもふだん扱ってない商品(賞味期限は短めだけど、いずれもマトモな商品)が突如激安でドーンと並ぶことがあります。ちょっと謎な店です。

◆本日の終値: [225先物=21,510(-1,140)]
銘柄 株数 建値 終値 含み損益
富士電機 [S株] 7株 78円 794円(-62円) +4,955円

本日の取引: 富士電機3株[S株] 売り@791円 損益+2,084円。


2018年2月5日(Mon)


本日の持ち株(富士電機10株)は-580円(-6.38%)でした。

さて、おとといの2月3日は、下鴨神社(昼)と上御霊神社(夜)の節分祭に行ってきました。昨年は忌中につきお寺(千本えんま堂)で節分を迎えたため、神社での節分は2年ぶりです。

この日の下鴨神社では例年どおり約30分遅れの午後1時頃に追儺弓神事が始まりましたが、私たちが見ていた舞殿の西側の6つ的はすべてが射抜かれるという打率のよさで、これは例年以上でした。そして1時40分ちょっとすぎに豆撒きがスタート。今回は豆撒きご奉仕の方(初穂料2万円で一般募集しています)が35人くらいと、一昨年やその前年の3倍もいらっしゃいました。土曜日だったので、観光がてら友人と連れ添って遠方から豆撒きにいらした方々が多かったようです。なお、今回の下鴨神社で私たちは合計10個の福豆(内、1個はすぐ人にあげたので持ち帰りは9個)を獲得しました。これは過去最高だった一昨年に並ぶ数です。



上御霊神社では午後8時20分ごろまで「御霊太鼓」の奉納がありました。そして8時25分ごろから豆撒き開始。今回は福豆の量がだいぶ増やされたようで、かなり多くの人にこれが行き渡っていました。私たちも2人合わせて8個の福豆(内、2個はすぐ人にあげたので持ち帰りは6個)を獲得。これはこの神社での過去最高です。



なお、今回の写真はこちらに16点UPしてあります。

それと余談ですが、京都の豆撒きといえば吉田神社がいちばん大々的らしいです。私は行ったことありませんが。で、参考までにネットで調べたら、吉田神社ではクジつきの福豆を売っていて、特賞の景品は自動車(ヴィッツ)などだそうです。また、そこまですごい景品ではないけれど、クジ付きの福豆を撒く神社仏閣はほかにも多数あります。

それと、京都では節分祭をする神社やお寺が本当に多くなりました。例えばおとといは下鴨神社で豆撒きのあと御所のほうまで散歩したら、歩いて30分くらいの範囲ですら3つのお寺と1つの神社が節分のイベントをしていました。で、それがどこも人でごった返していたところはすごいという気も。観光客だけでなく、地元の市民もたくさん繰り出しているようでした。

◆本日の終値: [225先物=22,650(-670)]
銘柄 株数 建値 終値 含み損益
富士電機 [S株] 10株 78円 856円(-58円) +7,720円

本日の取引: ありません。


前週の日記へ [前週の日記]



最新の日記 1つ戻る