各 委 員 会 活 動 方 針

クラブ運営委員会
(プログラム・出席・親睦)
クラブ広報委員会
(会報・記録・雑誌)
会員組織委員会
(増強・R情報・
職業分類・選考)
職業奉仕委員会
社会奉仕委員会
(社会奉仕・新世代)
国際奉仕委員会
(国際奉仕・米山奨学・
ロータリー財団)
S.A.A 会計


クラブ管理運営委員
(プログラム・出席・親睦)
委員長 :東野幸一
副委員長 :荻野恭三
委員
基本方針
 会員がクラブライフを楽しめるプログラムを計画・実行する。出席に関しては、ホームクラブの例会出席を奨励し、欠席のときは、メイクアップを行うことを徹底する。
活動計画
1. 会員卓話、ならびにフランクに会員同士が話し合える懇話会を実施する。
また、外部講師による卓話を充実する。
2. 会員・ならびに会員ご家族が参加できるプログラムを実施し、親睦を深めたい。
3. ホームクラブの出席が楽しみになるよう努力する。

クラブ広報委員会
(会報・記録・雑誌)
委員長 :東野幸一
副委員長
委員
基本方針
少人数ながらも、初心に還って各委員会との連携を密にして、マンネリからの脱却を図る。
活動計画
基本方針に基づき、あらゆる機会を捉えて我がロータリークラブの活動を広報する。

会員組織委員会
(増強・R情報・職業分類・選考)
委員長 :下山隆一郎
副委員長
委員
基本方針
組織のより一層の充実を図る。
活動計画
特に会員増強に努める。

職業奉仕委員会
委員長 :大前 衛
副委員長
委員
基本方針
職業奉仕をロータリーの基本理念として会員と共通理解を図ると共に、ロータリアンとして職業奉仕活動を個人として実践する事を基本方針とする。

活動計画

1. 4つのテストを確認するため、毎月1回以上例会で斉唱する。
2. ロータリーの行動規範(以前の「ロータリアンの職業宣言」は、全てのロータリアンが事業や専門職種に於いて指針とできる倫理的行動の枠組みであり、ロータリアンとして、以下のように行動するとして1〜5の項目を挙げています。これを題材として共通理解をはかり実践力を養う。
3. 職業奉仕セミナーに出来るだけ多く参加できるよう計画する。

社会奉仕委員会
(社会奉仕・新世代)
委員長 :大前 衛
副委員長
委員

基本方針
ロータリーは個人奉仕を原則とすることを踏まえたうえで、クラブとしての社会奉仕活動を継続推進する。

活動計画
1. 湊川短期大学主催の三田市民大学への協力
2. 単独活動が困難なばあい、地域各種団体と連携しての社会奉仕活動も模索する。

国際奉仕委員会
(国際奉仕・米山奨学・ロータリー財団)
委員長 :関口正人
副委員長
委員
基本方針
1. CLPに沿って身の丈に合った国際奉仕活動を行う。
2. 米山記念奨学会に対する理解と協力を推進する。
3. ロータリー財団の目的である世界理解と平和を達成するため、国際ロータリーの努力を支援する。
活動計画
1.ポリオプラスへの協力要請
2.ロータリー財団への財政的支援
3.ポールハリスフェロー、ベネフェクターへの協力要請

青少年委員会
委員長 :東野幸一
副委員長
委員
基本方針

青少年と交流する機会を出来る限り多く持ち、若者のニーズを的確に掴み、当委員会はサポート役に徹することにより、自発的な活動を促し、地域社会のリーダーを育成することを目標とします。

活動計画
1. 地域の青少年活動への理解及び協力。
2. 新世代の人たちの素直な意見を聴き、そのニーズが何かについて例会で考えたい。

S.A.A
委員長 :関口正人
副委員長
委員
基本方針
ロータリーの基本は、親睦と出席といわれています。楽しく出席していただくために、親睦を深める例会を作りたいと思います。
活動計画
1. 会長・幹事・理事会・各委員会との連絡を密にして、会場運営にあたる。
2. 会員同志が、フランクにより一層親睦を図れるよう努力する。

会計
委員長 :下山隆一郎
副委員長
基本方針
健全なクラブ財政の維持に努める。
活動計画
会長・幹事及び各委員会との連携を密にし、予算ならびに決算の適正な処理により、クラブ財政の維持、発展に寄与する。