木下貴雄

就業規則等点検指導員とは

  • 労働基準監督署に就業規則等点検指導員という職員がいたのですが、何をするのでしょうか?
  • 就業規則等点検指導員は、就業規則の届出があったときに、指導、助言、点検等を行うために、労働基準監督署に配置されています。

就業規則等点検指導員とは

就業規則等点検指導員の任期は1年となっていて、開業したての社会保険労務士がアルバイトで行っているケースもあるようです。

労働基準監督署に就業規則の届出があったときは、就業規則等点検指導員が対応して、次の項目に関して問題がないか点検することになっています。

  1. 管轄
  2. 就業規則意見書
  3. 労働時間
    • 始業時刻、終業時刻
    • 1日、1週間の所定労働時間(1日8時間以内、1週40時間以内)
    • 変形労働時間制(1ヶ月単位、1年単位など)
    • 裁量労働時間制(専門業務型、企画業務型)
  4. 休憩時間(1日の所定労働時間により、45分以上、60分以上など)
  5. 休日・休暇・休業
    • 年次有給休暇(付与日数、付与のタイミングなど)
    • 育児休業、子の看護休暇等
    • 介護休業、介護休暇等
    • その他の休暇
  6. 賃金
    • 賃金の締切日、支払日の有無
    • 賃金の決定方法、計算方法、支払方法の有無
    • 割増賃金(計算方法、割増率など)
    • 退職金
  7. 退職
    • 定年制
    • 解雇の事由
  8. その他
    • 制裁
    • その他

これらを点検して、労働基準法等の法律に違反し、改善する必要がある事項については、就業規則等点検指導員から指導や助言が行われます。

就業規則の届出だけではなく、裁量労働制に関する届け出があったときも、就業規則等点検指導員が対応することになっています。

裁量労働制に関する届け出についても、就業規則の届出があったときと同じように、点検項目が定められています。

就業規則の手続きについて