木下貴雄

ヤル気が高まる就業規則

  • 社員のヤル気が高まる就業規則、業績が上がる就業規則を作成したいのですが、お願いできますでしょうか?
  • 就業規則を作っただけで、社員のヤル気が高まったり、業績が上がることはありません。

就業規則とヤル気の関係

衛生要因と動機付け要因

本題に入る前に、職場環境には、衛生要因と動機付け要因というものがあります。

簡単に説明しますと、まず、衛生要因とは、それが満たされないと不満を感じるというものです。例えば、会社の方針、作業条件、人間関係、給料、雇用の安定などです。これらが満たされたとしても、積極的なヤル気が高まることはありません。

次の動機付け要因とは、それが満たされると積極的な動機付けが行われ、ヤル気が高まるというものです。例えば、仕事の達成、責任の増大、やりがいのある仕事、成長などです。これらが満たされなくても、不満を感じることはありません。

では、就業規則はどちらでしょうか?

衛生要因です。つまり、どれだけ丁寧に就業規則を整備したとしても、社員のヤル気が高まることはありません。就業規則を整備することによって、不満を減らしたり、安心感を与えたりすることはできても、ヤル気を引き出すことはできません。

就業規則はヤル気を引き出す土台

しかし、就業規則は、会社が発展する上で、とても大事な役割を果たすことは間違いありません。

例えば、通勤手当をごまかしている社員がいて、その状態が放置されていると、「私もごまかそう」と他の社員も思うかもしれません。こんな社員ばかりになると、会社の発展は期待できません。

そうなる前に、就業規則に違反する事実を確認できたときは、就業規則に基づいて、始末書を提出させる等の処分を行います。そうすることで、職場に規律や秩序が定着して、組織の一体感が生まれます。

つまり、就業規則は、ヤル気を引き出す土台ということです。

日頃のマネジメントが重要

就業規則に、経営理念や価値観、ビジョンを取り入れることもありますが、それでも限界があると思います。経営理念や価値観、ビジョンを社員と共有することを否定するつもりはありません。私も、企業経営において大切なことと思います。

しかし、中長期的な目標であるビジョンは、就業規則には馴染みません。就業規則とは別に運用する方が効率的と思います。

また、経営理念や価値観を就業規則に記載したとしても、社員がその就業規則を読んだだけでヤル気が高まるとは思えません。やはり、ヤル気を引き出すために一番大切なのは、日頃のマネジメントではないでしょうか。

これについては、【−謙虚なマネジャーのための−ヤル気を引き出すマネジメント】で提供しています。

就業規則の素朴な疑問