木下貴雄

契約社員用の就業規則

  • 契約社員を採用したのですが、契約社員用の就業規則がありません。問題がありますでしょうか?
  • 正社員用の就業規則が適用されますので、直ぐに対処する必要があります。

契約社員にも正社員用の就業規則が適用される

労働基準法により、社員数が10人以上になると、就業規則の作成が義務付けられます。例えば、契約社員が2人だけでも、正社員が9人いると、合計で10人以上になりますので、就業規則を作成しないといけません。

そして、正社員用の就業規則しかないときは、契約社員にも正社員用の就業規則が適用されます。

契約社員と交わした雇用契約書で、「就業規則は適用しない。労働条件は雇用契約書による。」としていても、このような内容は認められません。就業規則が適用されない社員が存在することになって、労働基準法に違反することになります。

このような状態は認められませんので、いずれかの就業規則が適用されることになります。結果的に、契約社員にも、正社員用の就業規則が適用されることになります。

そうなると、退職金の支払いや休職の適用などでトラブルになることが考えられます。

契約社員に適用する就業規則を定める

対処法としては、まずは、就業規則で契約社員の定義付けを行うことです。正社員や他の社員との違いを明確にするためです。

次に、契約社員に、どの就業規則を適用するのか明確にします。

  1. 正社員用の就業規則を適用することにして、部分的に手直しをする
  2. 新たに契約社員用の就業規則を作成する

新たに契約社員用の就業規則を作成することについては、特に説明は不要と思います。

正社員用の就業規則を適用することにして、部分的に手直しをする方法について少し説明します。

まず、就業規則や賃金規程、退職金規程等で、正社員と取り扱いが異なる部分を書き出して下さい。

そして、契約社員に、例えば、休職や慶弔休暇の適用、賞与の支払い等がないときは、それぞれの就業規則の項目で、契約社員には適用しないこと(支給しないこと)を記載します。

こうすれば、正社員用の就業規則を適用することになっても、問題が生じることはありません。

別規則の作成について