木下貴雄

退職届の書き方

このサイトは経営者向けなのですが、「退職届の書き方」を探している社員さんの方もおられるようなので、退職届の書き方についてお話します。

初めて退職届を書くときは悩むかもしれませんが、要点を抑えておけば別に難しいものではありません。

退職の意思と退職日が書かれていたら、退職届として通用します。後は常識的に恥ずかしくない程度であればいいでしょう。

用意するもの

その前に、会社によっては退職届の書式が決まっている場合がありますので、そのときはそれを使ってください。

  1. 印鑑
    朱肉を使うタイプの物(百均でも売ってます)。
  2. 便箋(手書きの場合)
    縦書きで、白地、B5。
  3. 封筒
    白い封筒が一般的。
  4. サインペンか万年筆
    黒色。

退職届の書き方

退職届の書式は次のとおりです。これを縦書きにします。縦書き版は、下からダウンロードできます。ファイルはWord2000です。

                  (1) 退職届
                                       (2) 私事
(3) この度一身上の都合により、平成○○年○○月○○日をもちまして退職いたしたく、ここにお願い申し上げます。
                      (4) 平成○○年○○月○○日
                        ○○部○○課
                        ○○(自分の名前) 印
(5) 株式会社○○
  代表取締役社長○○○○殿

  1. 最初に中央に「退職届」と書きます。「退職願」でも構いません。
  2. 次の行の一番下に「私事」と書きます。「私儀」でも構いません。
  3. 退職理由は「一身上の都合」とします。具体的な理由は書きません。
    退職年月日を書きます。
  4. 次の日付は、退職届を提出する日付とします。下位置に書きます。
    所属部署名と自分の名前を書き、捺印します。
  5. 最後の宛名は会社の代表者とします。退職届を提出するのは直属の上司ですが宛名は会社の代表者です。
封筒については、

退職届と退職願いは同じですか?

厳密に言いますと、いつ退職が成立するのかという違いがありますが、裁判では余り区別されていませんので、どちらでもいいです。

退職願いは、退職のお願いですから、相手方(会社)の”承諾”があって退職が成立します。

退職届は、退職の届けですから、相手方(会社)に伝わった時点で退職が成立します。一方的な申し出(届け出)で成立し、会社の承諾を必要としません。

厳密に言うとこのような違いがありますが、裁判ではどちらも退職の申し出(退職届として取り扱われる)として余り区別はされていません。

ですので、退職願いでも退職届でも、どっちでも構いませんが、万一のトラブル(会社は承諾していない!)を避けるためには退職届としておくのが無難でしょう。

プリントアウトした退職届でもいいですか?

「退職届は手書きだろう」と言う人もいますが、プリントアウトしたものでも良いと思います。その場合でも、署名は自筆で行ってください。

最後に

期間を定めないで入社した場合は、民法上は退職の意思表示をして14日が経過すれば退職は成立するのですが、円満に退職することを考えると余裕を持って準備するのが望ましいです。

多くの会社の就業規則では、1ヶ月以上前に退職届を提出することが定められていると思います。

引き継ぎなど業務の都合もあるでしょうから、退職予定の2ヶ月くらい前に上司に相談して退職日を決めるのが良いでしょう。

(2006/6作成)

「退職届」の関連情報