木下貴雄

マイカー通勤の落とし穴

マイカー通勤を認めている会社は多いのではないでしょうか。特に、公共の交通機関が不便な地域では、マイカーは通勤の足として欠かせないものでしょう。

また、マイカーを業務に利用している会社もありますが、その管理については意外と無頓着な会社も多いようです。

仕事中の交通事故

従業員が仕事中に交通事故を起こして加害者になってしまった場合、会社はその損害賠償責任を負わなくてはなりません。これは従業員のマイカーであっても同じです。

逆に被害者になってしまった場合は、労災や相手の自動車保険から補償を受けることになります。

通勤中の交通事故

では、従業員がマイカー通勤をしているときの交通事故で加害者になってしまった場合はどうでしょう?

通勤は仕事と関係ないのだから会社に責任はないと思われがちですが、場合によっては会社にも損害賠償責任が及ぶこともあります。これまでの裁判例から次のように分類されます。

(1)業務利用を禁止している場合

従業員のマイカーは通勤に利用するだけで、会社も業務利用を禁止している場合は、従業員の通勤中の事故に関して、会社に損害賠償責任はありません。

(2)従業員のマイカーを業務に使用させている場合

会社が従業員にマイカーの業務利用を指示したり、認めたりして、会社が従業員のマイカーを積極的に業務に使用させている場合です。

仕事中の交通事故に限らず、通勤中の事故でも会社は損害賠償責任を負わされるのが一般的です。通勤という行為自体は仕事ではありませんが、この場合の通勤という行為はマイカーを業務に利用するために会社まで運搬している行為とも考えられます。

(3)マイカーの業務利用を会社が黙認している場合

(1)と(2)の中間で、従業員個人の判断でマイカーを業務にも利用していて、それを会社が黙認している場合です。

等を総合的に判断して、損害賠償責任の有無が決まります。

損害賠償請求

もし、事故を起こした従業員が自動車保険(任意保険)に加入していなかった場合、被害者は十分な補償を受けられません。その場合は会社に損害賠償を請求してくるでしょう。また、会社はそれに従う義務があります。

ただし、従業員に飲酒運転などの過失があった場合は、会社は損害賠償金を被害者に支払った後、加害者である従業員に合理性のある範囲内の金額を請求することができます。

しかし、本人に過失がない場合は請求できませんので、損害賠償責任は会社が負うのがほとんどです。

マイカーの利用形態

何もトラブルがなければそれでも良いのですが、万一のことを考えれば予防策を考えておく必要があると思います。まずは、会社として従業員のマイカーの利用形態を定めましょう。

  1. 自動車通勤を一切認めない
    公共交通機関の便利な地域ではこれが一番良いでしょう。
  2. 自動車通勤は認めるが業務利用は認めない
    マイカーの業務利用を明確に禁止し、この違反について黙認しないことが大事です。
  3. 自動車通勤及び業務利用も認める
    マイカーを業務に使用する場合は、会社は従業員の交通事故について、仕事中だけでなく通勤などのときでも損害賠償責任を負うことを認識しておく必要があります。

車輌管理規程を定める

マイカーの取扱いを定めても、それが口頭だけで終わっていたのでは公平な取扱いは期待できません。実際に問題が発生したときの対応に困ることになるでしょう。

やはり、車輌管理規程等の文書を作成して、適切に管理する必要があると思います。車輌管理規程で定める主な事項は次のとおりです。

従業員のマイカーの業務利用は、会社としては経費を削減できたり、車輌管理の手間も省けますので、最近では増えてきているようです。

しかし、会社に無用の責任が及ばないように、会社の車輌の管理だけではなく、従業員のマイカー利用についても十分注意しておく必要があると思います。

(2006/7作成)

「マイカー通勤」の関連情報